本文へスキップ

首都大学東京発ベンチャー Vital Lab 株式会社は、バイタルデータの収集・解析・判別等を専門とするシステム開発会社です。

TEL. 050-5582-8688

首都大学東京 日野キャンパス 松井研究室

医療工学の知識と技術で、未来の生活を豊かで快適なものに!

首都大学東京公認大学発ベンチャー Vital Lab 株式会社は、首都大学東京システムデザイン学部
松井岳巳教授を中心とする研究チームの成果を、社会に還元するために設立されました。
主に、バイタルデータの収集・解析・判別等を専門とするシステム開発会社です。

TOPICS

  • 感染症(伝染病)新型スクリーニングシステムの開発および事業化のため、協業先の募集を開始しました。
  • ストレスチェック、うつ病診断補助システムの開発および事業化のため、協業先の募集を始めました。

NEWS新着情報

2016年6月27日
【新聞報道】
日本経済新聞(全国版)【朝刊 13ページ】
「体内温度上昇を10秒で計測」

日本経済新聞社の取材を受けました。
紙面では、熱中症予防へ応用した当社のシステムが紹介されています。
2016年2月10日
【テレビ報道】
フジテレビ「めざましテレビ」 【2月10日放送】
「新しい感染症対策−わずか10秒で! 熱がなくてもわかります。」

感染症スクリーニングシステム「KAZEKAMO」の取材です。
成田国際空港クリニックの赤沼所長がインタビューを受けました。
2016年2月5日
(公財)小笠原科学技術振興財団 インキュベンチャー助成
テーマ「新検疫 感染症スクリーニングシステム」
私たちの願い「感染症で亡くなる人をゼロにしたい!」
最終選考プレゼンテーションに合格しました。
2016年2月4日
【テレビ報道】
テレビ朝日「報道ステーション」 【2月4日放送】
「10秒で感染症を検知! 平熱でも見逃さない。」
感染症スクリーニングシステム「KAZEKAMO」の取材です。

成田国際空港クリニックでは、テレビ朝日の林美沙希アナウンサーに実際のKAZEKAMOを体験して頂きました。現状の空港検疫で見逃しやすい『平熱の感染症患者を検知できる可能性がある』と紹介されました。
2016年1月23日
【テレビ報道】
TBSテレビ「EARTH Lab 〜 次の100年を考える」 【1月23日放送】
100年後の未来のためにできること!

感染症スクリーニングシステム「KAZEKAMO」の特集が組まれ、放送されました。立位タイプ・座位タイプを中心に、成田国際空港クリニックでの試験運用場面も取材を受けました。

当社、取締役の松井岳巳教授を始め、実証実験を行った院生も収録に参加しました。
2015年12月16日
【専門誌掲載】
腕輪型のストレスチェッカー『Relax Keeper』
博報堂様との協業内容が「日経エレクトロニクス」に掲載されました。

バナースペース

首都大学東京公認 大学発ベンチャー

〒191-0065
東京都日野市旭が丘6-6
首都大学東京 松井岳巳研究室内

TEL 050-5582-8688
FAX 03-6868-3610
問い合わせメール:info@ vital-lab.com